よくある質問
就業規則が必要になるのは、どのような場合ですか?

就常時10人以上の労働者を使用している使用者は、労働者の労働条件等を定めた就業規則を作成しなければなりません。労働者の労働条件を画一、公平にし、企業秩序を維持するためにも、決められたルールに沿った労務管理が必要です。

写真1
社会保険労務士(社労士)を選ぶときの最重要ポイントは何ですか?

その社労士の強み(特徴)とあなたとの相性です。

あなたはどんな業務を依頼しようとしていますか?親身になって話を聞いてくれる方、明確な意見・提案ができる方をお選びください。

写真2
小さい会社でもお願いできますか?

もちろんです。まずは気軽にお電話ください。
写真3
本当に会社の売上が伸びたり、人事・労務体制の改善ができるのですか?

個々のクライアント様によって、サービス内容は異なります。なぜなら、会社はそれぞれ個性を持っており、10社あれば10通りのサービスがあるからです。弊社では、一社一社親身になって対応させていただきます。

写真4
国民年金にはどのような人が加入するのですか?

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方全てが加入します。 自営業者、農業や漁業に従事している方は国民年金の保険料を自分で納めてください。 会社などに勤め、厚生年金保険や共済組合に加入している方は、勤め先の給料から国民年金の保険料が天引きされますので、自分で納める必要はありません。厚生年金保険や共済組合に加入している方の扶養家族(配偶者のみ)も、国民年金の保険料を直接納める必要はありません(国民年金の第三号被保険者)

写真5